何故、ネットビジネスをしている人はスターバックスが好きなのか

 

大学にいるとネットビジネスにハマる学生が、どこの大学にも少なからずいると思う。僕の周りの友人も3〜4人はいた。

そのようなタイプの人間は少し苦手なので距離を置いていたが、友人たちは勧誘されることもあり多少困ることもあったようだ。

 

お金を払いセミナーに行くと商材を勧められ、何か成功した気持ちになれるという勘違いをしてしまい、典型的な意識高い系になり間違いなくウザがられる。

 

事実、僕の知り合いは商材を勧められ100万円の借金を背負った(実話)

勧誘がしつこく、学部で有名になり友人がいなくなった奴もいた(実話)

 

意識高い系のSNSをのぞいてみると、自己啓発の本・高そうなお店の料理・セミナーの主催者との写真や人を巻き込むように鼓舞させる名言風?格言風?のダラダラとした長文などを飽きるほど見てきた

こんな人たちは毎日スタバに通っているのではないかと思うくらいスタバスタバスタバスタスタバスタバスタバスタバの連続

 

ご理解して頂きたいのが、僕はスターバックスコーヒーを馬鹿にしてるわけじゃない

 

「何故、そんなにスタバが好きなの?」とただ聞きたいだけ

 

スタバに行けば、アップル社のパソコンを広げコーヒーを飲みながら作業をしている人を高確率で見かける。

Windowsのパソコンを使っている人はあまり見かけないのが僕の印象だ

本当に仕事してるの?と疑ってしまう

 

いや、多分仕事しているのだろうけど、、、

 

なんでスタバなの!?

 

スタバでパソコン作業をする利点をまとめてみた

 

・無料Wi-Fiがある

・電源が多い

インスタ映え(意識高い系限定)

・家で作業すると集中できない・誘惑が多い(スタバじゃなくてもいい)

・BGMと店員がいると緊張感が生まれる

 

いくつか挙げてみて、客観的にみるとスタバでなければならない理由はあまりない気がする

 

う〜ん、、、スタバがパソコンで効率的に作業できる 訳ではなさそうだ

 

実際、海外でスターバックスコーヒーは‘‘リーズナブルなお店’’ということを聞いた。

日本で言うと大手コーヒーチェーン店のコメダ珈琲ドトール、星乃珈琲に近い存在なのかも

 

勝手に結論付けさせてもらうと、多くの人がスターバックスで作業する理由は、お店の外観やスターバックスコーヒーで仕事をすることがお洒落という概念が日本人に根付いていることから起因するものだと思う。