アルバイトについて

 

僕は多くのアルバイトを経験してきたので働いた期間と時系列順にまとめてみた。

 

・当時の友人のお誘いで入った焼肉屋(3ヶ月)

ハイブランドのアパレル店員(1年2ヶ月)

・アパレルと掛け持ちで某牛丼チェーン店(3ヶ月)

・百貨店の中にあるカフェ店員(3ヶ月)

・ジュエリーショップ店員(6ヶ月)

・引っ越し作業(1日)

・キャバクラボーイ(継続中)

 

本当に多くの業種を経験してきた。ここで辞めた理由は綴らないけど

 

この中で最も楽しかったのはアパレルとキャバクラのボーイ

アパレルで働いていたときは大好きなブランドの洋服を触る事ができ、お客さんに対するマナーや振る舞いを実践の中で学ぶ事ができたのは将来的に役立つ内容ばかりだった。何よりも嬉しかったのは社販で安く購入できたことだろう。接客の楽しさを知る事ができたのは僕の中で大きく、良くも悪くも良い経験だったと言える。

 

キャバクラのボーイが楽しかったのは自分が知らない世界を知ることができたことだ。あと豪華絢爛なドレスを身に纏った女性たちと知り合える。僕はお世話係のようなものだったので女性たちと喋る機会は少なかったが見るだけで十分。というのは建前だが、仕事が終わったあとは少なからず達成感があったし、綺麗な人を見ながら仕事するのは悪くない。

 

ざっとアルバイトの遍歴はここまでにして

今思うと僕は馬鹿だった。

 

僕が言いたいのは、アルバイトはあくまで‘‘アルバイト’’

 

大学生になり、社会勉強を含めお金を稼ごう!なるのは分かる。

実質、僕もそうだったからだ。自分が稼いだお金を自由に使えるということは、考えただけで高揚してしまうし、一人の社会人になったと勘違いしてしまう。

 

ただアルバイトを初めてみると考え方は変わった。

 

『楽してお金を稼ぐことが最高』これ以上の事なんてないと思う

この考えが良いのか悪いのかは、多分人それぞれだろう。

 

アルバイトに任せられる仕事なんて決まっているし、何よりも社員と比べ責任の重さと会社から頂く給料が圧倒的に違う。アルバイト風情で社会勉強なんてたかが知れてる。

 

なので、

 

学生がアルバイトをするメリットというのは

  1. クソみたいなクレーマーを体験することで「恥」を知れる
  2. 学校以外に自分の居場所を作れる
  3. 友人、知り合いが増える
  4. 自分とは違う考えを持っている人に会える
  5. 就活のネタができる

 

の6点かなと思う。

 

個人的に大切なのは、1番

これは本当に味わってほしい。クソみたいなクレーマー・客に会うことで自分はああいう風にならないぞと反面教師になる。

 

なので、僕が最も感謝しているのは、店長やスタッフよりもアルバイトしていたときに対応したクレーマーかも、、、。